医療法人社団 平田歯科医院 Hirata Dental Clinic お口の健康、守ります

  • 医院のご案内
  • 診療のご案内
  • スタッフ紹介
  • 施設と設備
  • Q&A
  • リンク
  • お知らせボード
  • HOME

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


診療のご案内

診療のご案内 > 矯正治療 > 矯正治療について

矯正治療について
乳歯の治療

乳歯の時期(3〜6才ごろ) に行う治療です。受け口や顎が曲がっている場合、成長とともにどんどん悪くなっていってしまいます。少しでも早い時期に治療を行い、正しい筋肉の使い方を覚えることでずれ始めた成長方向を修正します。

T期治療

乳歯と永久歯が混じっている混合歯列期(6〜10才ごろ)に行う治療です。治療の目的は、健全なあごの発育を目指すことにあります。

受け口や出っ歯などの症状や、あごが小さく永久歯の歯並びが悪くなることが予想されるケースにおいて、成長を正しい方向に誘導するために比較的簡単な装置を使用します。

骨格から根本的に治すことができるので、将来U期治療が必要になっても永久歯を抜かずに治療できる可能性が高くなったり、ブラケットをつける期間が短くなります。

U期治療

一般に矯正治療としてイメージされる「ブラケットとワイヤーを取り付けて歯を動かす」治療です。治療の目的は、永久歯の噛み合わせを正しい状態に仕上げることにあります。

通常は、永久歯に生え変わった永久歯列期(11才ごろ)以降に行いますが、症状により混合歯列期(6〜10才ごろ)から開始する場合もあります。

◆大人の矯正治療
審美面や全身的な健康のための正しい咬み合わせの実現を目的とした、大人の歯科矯正にも対応しております。当院では金属のブラケットではなく、歯と同じ色のブラケット(TPオーソドンテックス・ジャパン社のInVu)を使いますので、装置があまり目立ちません。